原発避難先いじめ

弁護士「背景掘り下げず。(県警の)表面的調査に失望」 県警会見「恐喝で事件化は困難」との説明に憤り

 県警少年育成課は「当時は適正な処理をしたと考えている」と強調し、「追加調査を行う予定はない」とした。代理人は「両親は県警が事件化すれば学校はいじめ解決に向けて動くのではないかと考え、最後の頼みの綱として相談した」と当時の状況を説明。「小学生の間で不自然な形でお金が使われている状況を、通常の恐喝事件よりも考慮してほしかった」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細