美術館と文化会館の爆破予告 威力業務妨害容疑で捜査 和歌山

 18日午前、和歌山市の読売新聞和歌山支局に「県立近代美術館と県民文化会館を爆破する」などと書かれた脅迫文が届いているのが見つかった。

 届け出を受けた県警が約3時間半、施設内や周辺を捜索したが不審物は見つからなかった。県警捜査1課などが威力業務妨害容疑で捜査している。

 県警によると、脅迫文は白紙1枚に印刷されていた。近代美術館で同日午後から開催された展覧会の内覧会の開始が約20分遅れたが、他に大きなトラブルはなかったという。

会員限定記事会員サービス詳細