スポーツ異聞

「21世紀枠」離島の高校で「ネットいじめ」 美談に隠された闇

 「運も実力のうち」と言うものの、高野連のお眼鏡にかなった学校だけが「聖地行き」切符を手にできることに、当初から疑問視する声はあった。他の競技でも、例えば高校ラグビーに年によって増枠があるが、21世紀枠のような「困難克服」の意味合いはない。

 球児にとって21世紀枠は千載一遇のチャンスをつかむことである。しかし、迂回ルートで憧れの甲子園の土を踏んだことで、その後の人生に慢心やおごり、勘違いが生まれることはないだろうか。

 21世紀枠に選ばれるのはその高校にとって後にも先にも一度きりであり、再度のチャンス到来はない。次は実力で甲子園を狙うしかない。例えば、沖縄・宜野座高は第1回の21世紀枠に選ばれ、その年の夏の甲子園に出場した。言い換えれば、しこりを残すような制度をどうにかこうにか維持しなくても、努力次第で球児の夢はかなうのである。

 「21世紀枠に負けたのは末代までの恥」と発言した中国地方の名物監督は失礼千万な話だが、都道府県の予選を勝ち抜いて甲子園切符を手にした高校と、21世紀枠で出場を果たした高校を同列で考えることはできない。前者にとっての甲子園は地方大会を勝ち抜いた「ご褒美」。しかし、後者の甲子園は褒美という性質のものではなく、ある意味、授かりもののような偶然だ。

会員限定記事会員サービス詳細