万博公園で「紅葉まつり」、深まる秋満喫

 吹田市の万博記念公園の日本庭園と自然文化園で「紅葉まつり」が開かれ、来園者らが赤や黄色に色づく落葉樹の葉を眺めながら園内を散策し、深まる秋を楽しんでいる。12月4日まで。

 両園内にはヤマモミジやトウカエデ、プラタナスなど落葉樹約20種、計約1万本を植栽。期間中は日本庭園内の茶室「汎庵」と「万里庵」を特別公開し、汎庵では枯れ山水の庭を眺めながら季節の和菓子と抹茶セット(700円)が楽しめる。

 また、日本庭園では、同市菊花連盟によるキクの展示(23日まで)や期間中は落語や和楽器などの演奏が行われる。入園料は大人250円、小・中学生70円(19、20日は無料)。午前9時半〜午後5時(入園は午後4時半まで)。大阪モノレール万博記念公園駅下車。問い合わせは総合案内所(電)06・6877・7387。