三笠宮さま薨去

百合子さまが三笠宮家当主に

 三笠宮さまの薨去(こうきょ)にともない、三笠宮妃百合子さまが親王妃として独立の生計を営まれることが16日、皇室経済会議(議長・安倍晋三首相)で認定された。皇室経済法では、独立の生計を営む宮家の当主に年額3050万円、親王妃にはその半額が日常の生活費として支給されることになっている。11月分からは百合子さまにご当主としての金額が支払われる。

会員限定記事会員サービス詳細