浪速風

大阪万博は「熱烈歓迎」がカギだ

私見だが、2025年の大阪万博を実現するには3つの条件があると考える。今日的意義と財政的な裏付け、そして地元の盛り上がりである。「人類の健康・長寿への挑戦」というテーマは悪くない。東京五輪のように想定外に出費が膨らまなければ、関西の経済団体も協力して財源は確保できそうだが…。

▶大阪市は2008年夏季五輪招致に手を挙げた。万博の会場にもなる夢洲(ゆめしま)など大阪湾の人工島を舞台に「海にオリンピックを浮かべたい」をキャッチフレーズにした。結果は北京にさらわれた。それもIOC総会でわずか6票しか獲得できず、立候補した5都市の最下位という惨敗だった。

▶現地視察した評価委員会の「市民の支持は52%」というリポートが敗因になった。どんな調査をしたかは不明だが、確かに大阪全体が五輪を熱望していたとは言い難い。安倍晋三首相は閣僚に大阪万博誘致に協力するよう指示した。どう盛り上げるか。他人まかせにはできない。