ひなちゃんパパの家族レシピ

カリッと香ばしく シシャモのエスカベーシュ

シシャモのエスカベーシュ
シシャモのエスカベーシュ

焼きシシャモをつまみにビールを飲んでいたら、ママがこうつぶやきました。

「肉ブームといわれるけれど、肉も魚もバランス良く取るのが大切ね。ひなちゃんには、魚もちゃんと食べる習慣を身につけてほしいな」

酔いが一気に覚めました。冷蔵庫に残ったシシャモで、ひなちゃんが喜ぶ料理を作ってみよう。

「手軽で、作りおきもできるエスカベーシュはいかが?」

江上料理学院副院長の江上佳奈美先生が、おしゃれな魚料理を勧めてくれました。エスカベーシュは唐揚げの魚を香味野菜と酢漬けにしたもの。南蛮漬けに近いイメージです。

「本来はタラやキスなどの白身魚を使うけれど、シシャモなら頭から丸ごと食べられてカルシウムもたっぷり取れるわ。いいところに目を付けたわね、ひなちゃんパパ!」

残り物で気が引けましたが、作ってみることにしました。まずはマリネ液から。洋風に仕上げるためにワインビネガーを使います。タマネギ、ピーマン、ニンジンは千切りに。セロリやパプリカなどに変えてもいいそうです。先に野菜を炒めて取り出し、同じフライパンで小麦粉をまぶしたシシャモを焼きます。

「油で揚げるより手軽でしょ。ここでシシャモをカリッと香ばしく焼くのがポイントよ」と江上先生。