女子サッカー元日本代表GK、小野寺志保が引退セレモニー 20日に昇格かけた大一番「最後まで戦いたい」

女子サッカー元日本代表GK、小野寺志保が引退セレモニー 20日に昇格かけた大一番「最後まで戦いたい」
女子サッカー元日本代表GK、小野寺志保が引退セレモニー 20日に昇格かけた大一番「最後まで戦いたい」
その他の写真を見る (1/3枚)

 女子サッカーのなでしこリーグ2部とチャレンジリーグの入替戦が13日、大和なでしこスタジアム(神奈川県大和市)で行われ、なでしこリーグ2部9位のFC吉備国際大学Charmeが2-0でチャレンジリーグ2位の大和シルフィードを下した。20日に行われる入替戦第2節で、大和シルフィードが3-0で勝てば、なでしこリーグ2部に昇格する可能性を残した。

 試合後、今季限りで現役を退く元日本代表GK、小野寺志保(42)=大和シルフィールド=の引退セレモニーが行われた。満員の1700人を超す観衆を前に小野寺は「3年前にはなかったチームが(なでしこリーグ)2部に昇格できるチャンスをもらえたこと、本当にみなさまの力だと思っています。まだ1試合残っており、最後まで戦いたい」とあいさつした。

 小野寺は、1989年に読売・ペレーザ(現日テレ・ペレーザ)でデビューし、2008年に現役引退したが、2014年から大和シルフィードで現役復帰。今季はリーグ戦に9試合出場し通算出場試合数は315で歴代3位。

会員限定記事会員サービス詳細