新潟の4人死亡火災、無理心中の可能性 床から灯油反応

 新潟市北区で子供3人を含む4人が死亡した6日深夜の住宅火災で、新潟県警は9日、4人が倒れていた2階の床から灯油の反応が広い範囲で確認されたと明らかにした。現場からポリタンクの燃えかすのようなものも見つかった。4人はこの家に住む家族と分かった。県警は無理心中の可能性もあるとみて調べている。

 県警によると、灯油の反応は2階の子供部屋と夫妻の寝室、居間の3部屋全ての床で検出された。誰かが灯油をまいた可能性が高いという。各部屋にファンヒーターなどの暖房器具があったものの、県警は火災との関連はないとみている。

 火災は6日午後11時半ごろに発生。夫妻の寝室で見つかった遺体は会社員の真田幸広さん(27)、隣の子供部屋で見つかった3人は長男で小学3年の柊憂(しゅう)君(8)、次男の瑠翔(るいと)君(6)、長女の結衣音(ゆいね)ちゃん(4)と判明した。

 司法解剖の結果、死因はいずれも焼死と判明。4人とも一酸化炭素中毒の影響が大きいとみられる。

 幸広さんの妻(27)は火災当時、私用で外出しており、敷地内の別の建物には祖母(68)がいた。