米大統領にトランプ氏

ニューヨークで大規模デモ「トランプ氏を認めない!」 全米7カ所以上で抗議 一部は暴徒化

 【ニューヨーク=上塚真由】米大統領選から一夜明けた9日、共和党のドナルド・トランプ氏(70)の当選に反発する大規模デモが全米7カ所以上で行われ、参加者の一部は星条旗を燃やしたり、建物のガラスを割るなど暴徒化した。

 トランプ氏の地元、ニューヨーク・マンハッタンの公園「ユニオンスクエア」では、同日午後6時ごろから抗議デモが始まった。

 参加者は当初、数百人程度だったが、数千人規模へと膨れ上がった。大半が20〜30代の若者。「トランプ氏は私の大統領ではない!」「人種差別主義者を許してはいけない!」「希望を失わない!」などとスローガンをそれぞれ口にした。その後、デモ隊は、トランプ氏の自宅がある五番街の「トランプ・タワー」へと向かった。

 デモに参加したエンジニアのニック・ピットマンさん(24)は「これからトランプ大統領の4年間が来ると思うと憂鬱だ。移民政策など恐ろしいとしかいいようがない」と話した。

 米メディアによると、同日未明には、人気歌手のレディ・ガガさんもトランプ・タワーの前で抗議を行ったという。