「短いスカートは盗撮したくなる」京都の会社員を逮捕

 女性のスカート内にスマートフォンを差し入れたとして、京都府警西京署は7日、府迷惑行為防止条例違反容疑で京都市北区の会社員の男(33)を逮捕した。容疑を認め、「短いスカートをはいている女性を見ると盗撮したくなる」と供述しているという。

 逮捕容疑は9月2日午後6時ごろ、同市西京区のスーパーマーケットで、女性客(32)の後方にしゃがみ込み、スカート内にスマホを差し入れたとしている。

 同署によると、犯行に気づいた女性が男を約200メートル追跡。見失ったが、店内の防犯カメラの映像などから男を特定した。