健康カフェ(56)

インスリン注射 早めに使って膵臓機能回復も

 ただ、インスリンが膵臓から出なくなってしまう1型糖尿病や、それに近い程度しかインスリンが出せなくなってしまった人は注射をやめることはできません。自分の判断だけで勝手に注射をやめるのは、血糖値の急激な上昇を招く恐れがあり危険です。

 インスリン治療の有無にかかわらず、糖尿病患者さんが食事など生活習慣に注意しなければならないのは同じです。冒頭の患者さんも、糖尿病と診断されてからは栄養士さんが教えてくれた食事内容に沿って献立を考えているそうです。糖尿病でインスリン治療を勧められてどうしようか迷っている方は、昔ながらのイメージは捨て、主治医とよく相談してみてください。また、インスリンを始めた結果、血糖コントロールが良好になっている方は、インスリンの減量や内服薬への変更などを主治医や専門医に相談してみてもよいでしょう。(北原ライフサポートクリニック内科医 下島和弥)

会員限定記事会員サービス詳細