米大統領選

トランプ氏「クリントン氏は邪悪だ」「NYTは破綻する」 斜陽の街で舌鋒鋭く

【米大統領選】トランプ氏「クリントン氏は邪悪だ」「NYTは破綻する」 斜陽の街で舌鋒鋭く
【米大統領選】トランプ氏「クリントン氏は邪悪だ」「NYTは破綻する」 斜陽の街で舌鋒鋭く
その他の写真を見る (1/2枚)

 米大統領選の激戦州ペンシルベニア州で7日、共和党のドナルド・トランプ候補が選挙集会に選んだのは、人口の8割超が白人で産業が衰退しているスクラントンだった。集会が映し出したのは、トランプ氏躍進の原動力となった「米国社会の陰影」そのものだった。(ペンシルベニア州スクラントン 松浦肇、上塚真由)

 午後6時過ぎにトランプ氏が会場に姿を見せると、5000人近い観衆が雄たけびを上げた。「米国を再び偉大にしよう!」。まるでロック音楽のコンサート会場のような騒々しさだ。

 にこやかに壇上に立ったトランプ氏の舌鋒(ぜっぽう)はさえていた。「ウォール街と結託する(民主党の)クリントン候補は邪悪だ」「(リベラル系の)米ニューヨーク・タイムズ紙は破綻する」

 反対陣営に対する徹底したネガティブ・キャンペーン。しかし、観衆の心には強く訴えかけたようだ。「力強い言葉に感銘を受けた。既存の政治家では現状をよくすることはできない」。販売員のマディーナ・ホルニクさんが語る。

 フィラデルフィアから車で北へ2時間。スクラントンはかつて、炭鉱と鉄鋼の町として栄えた。

 戦後、合成繊維やテレビの組み立てで町おこしを狙ったが、海外勢に敗退。住民の多くが隣州のニューヨークに移った。現在の人口は約7万6000人だが、経済停滞が本格化した1970年ごろからみれば、4分の1も減った。

会員限定記事会員サービス詳細