暮らしの注意報

「電車で化粧」議論、実際に女性や専門家に聞いてみると…

【暮らしの注意報】「電車で化粧」議論、実際に女性や専門家に聞いてみると…
【暮らしの注意報】「電車で化粧」議論、実際に女性や専門家に聞いてみると…
その他の写真を見る (1/2枚)

 東急電鉄のマナー向上広告動画の対象となっている電車内で化粧をする女性について、女性たちに話を聞いてみたら、批判的な意見が多かった。その半面、「体臭や携帯電話の方が迷惑」という声も。マナーをめぐる意識の差がありそうで…。

立ったまま「つけま」

 「電車内で化粧をしているなんてみっともない」

 こう憤るのは、東京都板橋区の会社員女性(45)だ。朝の通勤電車でよく見かけるのが、ドア近くに立ち、つけまつげの装着をしている20代半ばくらいの女性。カーブが多く揺れる車内で、のりをつけ、目に装着するという繊細な作業を行い、乗換駅に着く頃には、つけまつげによって変身が完了。目の大きさが変わっているという。見ていてみっともないと思うだけでなく、「カーブが多いから指が目に入ってしまわないか心配。危ないからやめたほうがいいと思う」。

 特に嫌われるのがファンデーションなど粉を使うタイプの化粧だ。4歳の娘と出かけているときに、電車内でフェースパウダーをはたいて、最後の仕上げをしている若い女性を見たという40代の母親は「天気が良かったので粉が光で反射して見えた。吸い込むのも嫌だし、娘もいたので、離れました」。

 ただ、電車で化粧は、若い女性だけの問題というわけではなさそうだ。「何かにおうと思ってふと周りを見たら、優先席に座っていた50代くらいのおばさんがマニキュアを塗っていてびっくりしました」という証言もあった。

会員限定記事会員サービス詳細