早稲田祭のイベント「若者よ!選挙に出よう」が中止、「レイシストを呼ぶのか」との抗議で 出演予定者「言論の封殺、恐ろしいこと」

 人物研究会は「メディアで取り上げられることの少ない主要3候補以外の方々がどのような経緯で都知事選に参加されたのか、言論の自由とはどういうことなのか、幅広い議論の場となればと考えている」との趣旨をツイートしていた。

 桜井さんは10月29日の自身のブログに早稲田祭への出演を表明し「皆様ぜひ足をお運びください」と呼びかけていた。

 ところが桜井さんの出演が同日、見送られることが決まり、桜井さんは同月31日のブログで、「抗議という名の脅迫」が大学に相次ぎ、人物研究会も出演見送りを余儀なくされた、と告知した。

 人物研究会はその後も桜井さんを除いた4人で予定通りイベントを開催する予定だった。

 ところが、出演予定だった高橋さんによると、出演予定者には11月4日に人物研究会から連絡があり、最終的に「自発的に中止することにした」と連絡があったという。理由は「いろいろな状況をかんがみて」と説明されたといい、桜井さんの一件が関係したのは間違いないとみられる。