産経抄

サバンナより危険な日本の通学路 11月4日

 ▼映画では、通学の過酷さだけが強調されているわけではない。子供たちは美しい自然に触れ、兄弟や友達とのおしゃべりを楽しんでいる。日本の子供たちにも、「道草を食う」喜びを味わってほしい。とはいえ、一部ドライバーの不心得が目に余る以上、感傷に浸っている場合ではなくなった。

 ▼飲酒や危険ドラッグの問題も深刻である。米国では当たり前、日本でも一部の自治体で運行が始まったスクールバスしか、もはや子供の命を守る手立てはないのではないか。

会員限定記事会員サービス詳細