サハリンからのガスパイプライン構想も浮上 世耕経産相、3日からモスクワで対露経済協力の詰めの協議 

サハリンからのガスパイプライン構想も浮上 世耕経産相、3日からモスクワで対露経済協力の詰めの協議 
サハリンからのガスパイプライン構想も浮上 世耕経産相、3日からモスクワで対露経済協力の詰めの協議 
その他の写真を見る (1/2枚)

 対露経済協力に関し、サハリン(樺太)からの天然ガスを、東京湾までパイプラインを敷設して輸入する構想が政府・与党で浮上していることが1日、分かった。世耕弘成経済産業相は3日から、モスクワで対露経済協力をめぐりロシア側と詰めの交渉を行う。日本側が提示した極東開発など8項目の協力案に基づき具体策を議論するが、その際にガスパイプラインも取り上げるとみられる。

 世耕氏は1日の記者会見で、「各省が精力的に具体化に向けた事務的な詰めを行っている。(ロシア側の)閣僚たちと、どう具体化するかしっかり確認したい」と述べた。

 モスクワでは5日までの滞在中、エネルギー開発の協力を加速する「エネルギー・イニシアチブ協議会」の初会合のほか、8項目全体を議論する作業部会を行う。また、ウリュカエフ経済発展相らと会談、経済協力の中身をすり合わせる。

 安倍晋三首相は、12月15日に地元・山口県でプーチン大統領と会談するまでに経済協力をまとめ、北方領土問題を含む平和条約締結交渉の進展を図る意向だ。ロシア経済分野協力担当相を兼務する世耕氏の訪露はその露払いを担う。