小池百合子都知事豊洲問題緊急会見詳報(3)完

築地から豊洲に移転するのか? その時期は?「今後のロードマップは近々にお伝えしたいと…」

 「振り返ってみれば、平成20年当時の状況を考えますと、都議会も民主党が多数を占めていた状況でございました。そういった中で、都職員もいろいろな苦労があったかと思います。それと、盛り土を決めたのに地下空洞にしたこととは話が違いますけれども、取り巻く環境がこれまでにないような状況だったことを思い出しておいたほうがいいのかなと思います」

 「ヒアリングについてですけれども、上のほうで決定したとも言われておりますので、この後どなたにヒアリングする、もしくは書面で回答していただくのかということについては考えていきたいと思います」

 《続いて、築地移転の是非と、その判断の時期を問う質問が飛んだ》

 --いつ、どこで、誰がを絞ったが、「なぜ」は解明されているのか。調査報告を受けて、改めて築地は移転するのか。その時期はどうなるのか

 《従来の計画では築地市場は11月2日に閉場し、業者の移転を経て同7日に豊洲市場が開場する予定になっていた。移転の延期により、1日あたり700万円の維持費がかかるともいわれる》

 《一方、9月末の地下水モニタリング調査で環境基準をわずかに上回る有害物質のベンゼンとヒ素を初めて検出。10月中旬には、豊洲市場の施設の地下空洞の大気中から、国の指針値の最大7倍の水銀を検出した。土壌汚染対策の安全性を検証する専門家会議は「直ちに健康に影響はない」としつつ、原因は不明として、詳しく調査する方針を示している》