衝撃事件の核心

「欄干のない橋」の悲劇 後絶たぬ視覚障害者ホーム転落、ホームドアは高コスト・技術の壁…〝妙案〟は意外にもアナログ

【衝撃事件の核心】「欄干のない橋」の悲劇 後絶たぬ視覚障害者ホーム転落、ホームドアは高コスト・技術の壁…〝妙案〟は意外にもアナログ
【衝撃事件の核心】「欄干のない橋」の悲劇 後絶たぬ視覚障害者ホーム転落、ホームドアは高コスト・技術の壁…〝妙案〟は意外にもアナログ
その他の写真を見る (1/2枚)

「欄干のない橋」。視覚障害者にとって、駅のホームはそう例えられることがある。そんな危険な場所で、また悲劇が起きた。大阪府柏原市の近鉄大阪線河内国分(かわちこくぶ)駅で10月16日、ホームから転落した視覚障害者の男性が特急電車にはねられ死亡した事故。視覚障害者のホーム転落事故は後を絶たないが、転落を防止するホームドアの設置は十分に進んでいない。全国で1割に満たず、関西の主要私鉄は未設置で河内国分駅にもなかった。コストや技術的な課題が普及を阻む要因になっている。救える命を救うには、どんな対応が求められるのか。(桑村朋)

親族が目を離したすきに

「間もなく、2番乗り場に電車が通過いたします。危険ですから黄色い線までお下がりください」

16日午前11時10分ごろ、近鉄大阪線河内国分駅。大阪上本町発鳥羽行き特急電車(4両編成)が通過する前、ホームにアナウンスが流れた。同じホームの向かい側の1番乗り場には区間準急(6両編成)が停車、特急の通過を待っていた。

全盲の視覚障害者である兵庫県宝塚市の無職男性(40)は奈良県で食事をするため、親族2人とともに近鉄鶴橋駅から区間準急の1両目に乗車。付き添いがいたため1人のときには持ち歩く白杖を持っていなかった。そして特急通過の約4分前に河内国分駅で停車した際、大好きな列車の音を聞くため1人でホームに出ていたとみられる。

会員限定記事会員サービス詳細