絵馬の宝庫

有名米国人学者が絶賛 多くの研究者が詣でた絵馬が足利にあった 繭玉、クリ、太刀に込められた庶民の願い

足利の寺社に伝わる小絵馬を復元した小倉喜兵衛さん=栃木県足利市鹿島町
足利の寺社に伝わる小絵馬を復元した小倉喜兵衛さん=栃木県足利市鹿島町

 「日本で最も驚くべき、最も赤裸々な絵馬の宝庫」と絶賛され、民俗学者の熱〜い視線を浴びる栃木・足利の絵馬。その足利市内の寺社に奉納された小絵馬38種類が、市民団体「足利絵馬の会」会長の小倉喜兵衛(きへえ)さん(83)によって、手作りで復元された。繊維業の商売繁盛を願う繭玉や安産祈願のクリのほか、現物が存在しない縁切りを表す太刀などは、伝承を頼りに描かれた。「本来の絵馬の姿、絵馬に込められた庶民の願いを知ってほしい」(小倉さん)という。

会員限定記事会員サービス詳細