激震・朴政権

韓国検察、強制捜査程遠く 押収は任意提出資料だけ

 【ソウル=名村隆寛】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領をめぐる機密資料の漏洩(ろうえい)疑惑をめぐり、検察が大統領府で入手したのは、任意に提出された資料ばかりだった。韓国メディアは「大統領府への強制捜査!」と騒いだが、実情は強制捜査とは程遠かったようだ。

 検察は29日に続き30日も捜査官を大統領府に派遣した。しかし、2日間とも、安鍾範(アン・ジョンポム)政策調整首席秘書官やチョン・ホソン秘書官ら捜査対象者の事務室の捜索は、国家機密や法律を理由に拒否された。聯合ニュースは「大統領府の積極的な協力で(資料などの)押収は進んでいる」と報じた。

 捜査は形式上、大統領府の敷地内で行われたが、検察が入手したのはすべて大統領府のお墨付きの資料だ。消息筋によると、大統領府は今回の検察受け入れを「強制捜査」とは認めていないという。

 任意での資料提出しか認めなかった大統領府に対する批判の一方で、受け身の状態の検察の捜査にも「ポーズだ」と冷ややかな見方が浮上する。疑惑の浮上から2カ月以上たっており、韓国紙の多くは、証拠となるものがすでに遺棄されている可能性を指摘した。