中学校の壁にスプレーで落書き 兵庫・明石市内の中学生ら4人を逮捕

 通っている中学校の壁にスプレー塗料で落書きしたとして、兵庫県警明石署などは25日、建造物侵入と建造物損壊容疑で、いずれも同県明石市に住む14歳の市立中学の男子生徒2人ら計4人を逮捕したと発表した。

 他に逮捕されたのは、同市在住の高校1年の男子生徒(15)ととび職の少年(15)。2人はこの中学校の卒業生だった。

 逮捕容疑は共謀の上、6月19日夕方から翌20日朝までの間、明石市内の中学校に侵入し、体育館やプールの外壁にスプレー塗料で文字などを書いたとしている。

 中学の男子生徒2人は9月、同じ中学校のテニスコートにボールを散乱させたなどとして、建造物侵入と威力業務妨害容疑で逮捕されていた。

会員限定記事会員サービス詳細