萩生田光一官房副長官が安倍晋三首相に「シン・ゴジラ」を勧めたワケとは…

セレモニーゲストで挨拶する安倍晋三総理大臣=25日、東京都港区(撮影・塩浦孝明)
セレモニーゲストで挨拶する安倍晋三総理大臣=25日、東京都港区(撮影・塩浦孝明)

 安倍晋三首相は25日夕、東京・六本木で開かれた第29回東京国際映画祭のオープニングセレモニーに出席した。

 首相はあいさつで、ヒット中の映画「シン・ゴジラ」について、「妻からも『リアリティーがある』とずいぶん勧められたが、どうやら前半に総理大臣は官房長官と一緒に死んでしまうということでありまして…」と冗談交じりに語り、会場の笑いを誘った。

 首相は、萩生田光一官房副長官から「参考になる映画だ」と勧められたことも明かし、「やけに勧めるなと思ったら、官房副長官がずいぶん活躍をする映画だった」と感想を述べた。

 首相はセレモニーで、女優の黒木華さん(26)とともにレッドカーペットを歩いた。

会員限定記事会員サービス詳細