バスケット通信

Bリーグに異色のホームアリーナ SR渋谷の拠点は青学大 産官学連携で実現

 本拠地選定がB1の中で一番遅くなったため、認知度はまだまだ低い。岡社長は「渋谷に骨を埋める覚悟。少しずつファンを増やし、最終的には渋谷の街の人に『応援してやらないと』と思っていただける雰囲気作りをしていきたい」と意気込む。青学大OBでガードの伊藤駿は「OBが試合をするとか関係なしに、学生には楽しんでほしい。1つのアトラクションという位置づけで来てもらえれば」。買い物客がふらっと観戦するには好立地のホームで、ファン拡大を図る。(奥村信哉)