リオ五輪卓球・水谷隼選手と福原愛選手 青森県と県教委表彰「興奮と感動」

リオ五輪卓球・水谷隼選手と福原愛選手 青森県と県教委表彰「興奮と感動」
リオ五輪卓球・水谷隼選手と福原愛選手 青森県と県教委表彰「興奮と感動」
その他の写真を見る (1/3枚)

 県は21日、リオデジャネイロ五輪卓球男子団体で銀メダル、シングルスで銅メダルを獲得した水谷隼選手(27)=青森山田高出=に県民栄誉特別賞、同じく卓球女子団体で銅メダルに輝いた福原愛選手(27)=同=に県民栄誉賞を授与した。両選手は「たくさんの人に喜んでもらい、うれしい」と喜びを語った。

 大勢の県職員が出迎える中、佐々木郁夫副知事が両選手に花束を贈った後、表彰状と記念品を授与し、「県民に興奮と感動を与えてくれた」と活躍をねぎらった。

 3度目の五輪出場で初のメダルを獲得した水谷選手は「メダル獲得で卓球がメジャーになり、うれしい。今回、結果を残したことで少しでも青森県に恩返しができた」と喜びを語った。前回ロンドン五輪に続いてメダリストになった福原選手も「青森山田中、高校と6年間、鍛えていただいたことでメダルを獲得できた」と話した。

 中村充県教育長も同日、水谷選手に県スポーツ栄誉特別賞、福原選手に県スポーツ栄誉賞を授与した。