鳥取震度6弱

大阪管区気象台「南海トラフへの影響なし」

 周辺では、昨年10月以降、活発な地震活動が観測されていた。このうちM4以上の揺れは、昨年10月と同12月に計3回確認。さらに、今回の地震直前の21日正午すぎにもM4・2の揺れが観測されていた。

 一方で、南海トラフ巨大地震への影響について、中澤博志地震情報官は「距離が離れていることと、内陸型と海溝型でメカニズムが異なることから、影響はないと考えられる」との見方を示している。

会員限定記事会員サービス詳細