格安スマホへの流出阻止 携帯大手各社、対抗プランでガラケー利用者囲い込み

 ソフトバンクのワイモバイルや、楽天など格安スマホの契約者数は増加傾向だ。総務省は、携帯大手が貸し出す回線の利用料に当たる接続料の値下げに向けた議論を進めるなど、格安スマホを後押ししている。

 携帯大手はこうした動きも無視できない。スマホ利用者が伸び悩む中、新プランはガラケー利用者の囲い込みに向けた携帯大手の苦肉の策といえる。携帯大手は今後も、新料金プランを含めて顧客確保策を打ち出していくとみられる。