原発最前線

「どうやって見直すのか!」毎日記者の捨て台詞に規制委の委員長がキレた…美浜3号機「合格」でバトル勃発

 規制委の設置法案を審議する同年の参議院環境委員会の中でも、法案の提出者の一人、田中和徳衆院議員(自民党)が「40年については、率直に申し上げまして、それほど科学的な調査あるいはいろんな根拠に基づいて出た数字ではない」と答弁している。

 規制委の田中委員長も、以前の会見で「40年たったら急に古くなって、その前だったら古くないという、そういうものではない。人間だって経年劣化は人によって違う」と述べている。

 科学的根拠が希薄なことから、同じ参院環境委員会の審議で、田中議員は「新しい組織(原子力規制委員会)ができたときには、当然このこと(40年ルール)も含めて委員会の中で正しい判断がなされ、国民に示されていくものだと思っております」とも述べ、規制委に検討するよう求めていた。

 ただ、規制委は40年を寿命とする妥当性についての検討はまだ行っていない。規制庁の担当者によると「まだ、40年を超えて運転している原子炉の知見は少なく、見直しの検討に着手する状況にない」からだという。

 すでに、40年を超えて運転が認められた関西電力高浜原発1、2号機(福井県)が再稼働すれば、新たな知見も集積できるといい、しばらくは様子見の姿勢だ。

 あいまいなルールゆえに、疑義も生じやすい。高経年原発をめぐる不毛な論争は当面続きそうだ。

会員限定記事会員サービス詳細