原発最前線

「どうやって見直すのか!」毎日記者の捨て台詞に規制委の委員長がキレた…美浜3号機「合格」でバトル勃発

 関西電力美浜原発3号機について、新規制基準に適合しているとして、原子力規制委員会が5日、事実上の「合格証」となる審査書を正式決定した。原発の寿命である40年を超えて運転することを目指す高経年原発ということもあり、原発に批判的なメディアは猛反発。規制委の田中俊一委員長は同日の記者会見で、審査のあり方を追及する記者にイラ立って…。

「名ばかり」「形骸化」

 「運転期間を40年とした原則は、名ばかりになりつつある」(朝日新聞)

 「原則40年とするルールの形骸化が進む」(東京新聞)

 原発に対して日頃から厳しい論調の両紙は、翌日の紙面でこう指摘した。ある規制庁職員は「そういう分かりやすいレッテルを貼って、反対をあおりたいだけ」とあきれた様子で話した。

 この職員が言うとおり、40年の原則は名ばかりでもなければ、形骸化もしていない。

 平成24年に改正された原子炉等規制法には、原発の運転できる期間として「使用前検査に合格した日から起算して40年とする」と明記されている。その上で、規制委の認可を受ければ1回に限り、最大20年間、延長することができるともしているのだ。

会員限定記事会員サービス詳細