【皇室ウイークリー】(456)両陛下、ベルギー国王ご歓待 眞子さまは台風被害お見舞い(3/4ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

皇室ウイークリー

(456)両陛下、ベルギー国王ご歓待 眞子さまは台風被害お見舞い

 終演後、国王夫妻と最後のあいさつを交わす機会が設けられ、両陛下は「次回はぜひ、お子さまを連れて日本にいらしてください」と声をかけ、別れを惜しむように手を握られていた。

 常陸宮ご夫妻は宮中晩餐会とコンサートに出席せず、12日にホテルニューオータニ(千代田区)で、国王夫妻と個別に面会された。

 京都府を訪問していた皇太子さまは8日、宇治市内で行われた全国育樹祭のお手入れ行事に臨み、両陛下が平成3年に植えられた北山スギを剪定(せんてい)し、シダレザクラの根元に肥料を与えられた。9日の式典行事では、「森林を守り育て、木とともに人々が暮らしてきた文化が、ここ京都の地から全国へ、未来へと継承されていくことを願っています」とあいさつされた。

 小田野展丈東宮大夫によると、9月下旬から疲労による体調不良が続いている敬宮(としのみや)愛子さまは、14日まで学習院女子中等科の授業を欠席された。東宮御所で静かに過ごし、比較的体調がいいときには、教科書を見たり、読書をしたりされているという。