米大統領選

トランプ氏、メディアと全面対決! 「クリントン氏とメディアは結託して悪意ある攻撃をしている」 米紙に並ぶ「無知」「嘘つき」「自己中心」「執念深い」「女性蔑視」…の声

 【ワシントン=加納宏幸】米大統領選の共和党候補、ドナルド・トランプ氏(70)が党主流派に続き、既存メディアとも全面対決の道を選んだ。「史上最も醜悪な対決」と酷評された9日の第2回テレビ討論会に続き、米メディアは同氏の「セクハラ疑惑」を集中的に報道。米紙の多くが民主党候補のヒラリー・クリントン前国務長官(68)を支持している。ただ、トランプ氏をもてはやして「寵児(ちょうじ)」に祭りあげたことも事実で、低レベルの争いを招いた責任はメディアにもありそうだ。

 主要紙ニューヨーク・タイムズが、女性2人がトランプ氏に体を触られたと伝えたのを受け、同氏は「完全な捏造(ねつぞう)」と反論。しかし、米CNNテレビは「被害者」を繰り返し登場させ、行いを詳しく語らせている。

 トランプ氏は13日、フロリダ州での集会で、「クリントン氏とニューヨーク・タイムズなどのメディアは結託して悪意ある攻撃をしている」と不満をぶちまけた。

 ニューヨーク・タイムズ紙は、法的手段をちらつかせたトランプ氏の記事撤回要求を拒否。同紙はすでにクリントン氏への支持を表明している。

 また、ワシントン・ポスト紙(電子版)は13日の社説で「クリントン氏は根気があり、困難にめげず、決然とし、しかも賢明だ」と支持を表明。トランプ氏については「偏見に満ち、無知で、嘘つきで、自己中心的で、執念深く、狭量で、女性蔑視で、財政面で無頓着。民主主義を軽蔑し、米国の敵に心を奪われている」と、異例の言葉を連ねて批判を展開した。