シニアもいつまでも美しくありたい… ネイルサロン活況 指先から「若返り」(3/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

シニアもいつまでも美しくありたい… ネイルサロン活況 指先から「若返り」

 荒川区の主婦(70)は「爪をきれいにしておくと同世代の友達にも注目される。足の指の爪もきれいにしてもらおうかな」

 近年は爪への負担が少ないジェルが使われるようになっており、爪が痛みにくくなっているという。宮崎さんは「3週間以上たつと、剥がしやすくなり、傷めずに施術できる。ネイリストによる定期的なケアを受けながら楽しんで」と話す。

 ソニー生命保険(千代田区)が昨年、50〜79歳の男女1千人を対象に行ったアンケート(複数回答可)によると、時間や金を優先的に費やしたいことについて、48・2%の女性が「健康増進・アンチエイジング(抗老化)」と回答。「趣味」(56・8%)に次いで2番目に高く、「子供・孫との絆づくり」(38・4%)などを上回った。

 シニア世代の美容に詳しいトレンド総研の山口真侑研究員は「70歳を超えても働き続けるなど元気なシニアが増えている。それに伴い、『いつまでも美しくありたい』という美容意識も高まっているようだ」と分析している。