量重視の「リフレ派」日銀・原田泰審議委員が敗北宣言? 「総合的判断」で金利重視に賛成 

 原田氏はこの日の会見で、「日銀も政府に関係している人も皆リフレ派」、「先進国、多くの途上国も2%目標を掲げており、全世界もリフレ派だ」と次々と新解釈を披露した。

 原田氏がリフレ派の定義を自ら広げたことで、市場では「リフレ派の事実上の敗北」と受け取られる可能性が高まり、波紋が広がりそうだ。

 ただ、その一方、日銀が今後、量の縮小を打ち出しても、原田氏らリフレ派が賛成する可能性が出てきた。原田氏らリフレ派の「懐柔」に成功したことで、黒田総裁はスムーズに政策運営できそうだ。