徳洲会元事務総長、能宗克行被告に有罪判決 東京地裁 無罪主張退ける

医療法人徳洲会グループの関連会社の資金計3千万円を着服したとして、業務上横領罪に問われた元事務総長、能宗克行被告(60)の判決公判が12日、東京地裁で開かれた。稗田雅洋裁判長は懲役3年、執行猶予4年(求刑懲役3年)の有罪判決を言い渡した。被告側は控訴する方針。

能宗被告は徳田虎雄元理事長(78)の側近だったが、徳田氏の親族と対立し、平成25年に懲戒解雇。その後、徳洲会側から刑事告訴され、起訴された。

公判で被告側は「立て替えていたグループの政治活動資金を精算しただけだ」などと無罪主張していた。

しかし稗田裁判長は「主張は不合理」とし、「徳田氏の信頼を逆手に取った背信的な犯行だ」と指摘。一方で「グループの政治活動資金の管理のずさんさが事件の背景にあり、被告だけの責任ではない」と実刑を回避した理由を述べた。

徳洲会をめぐっては、公職選挙法違反(運動員買収)罪で幹部10人の有罪が確定。徳田氏の次男で衆院議員だった毅氏(45)は議員辞職した。猪瀬直樹元東京都知事(69)も辞職し、同法違反(収支報告書の虚偽記入)罪で罰金50万円の略式命令を受けた。

会員限定記事会員サービス詳細