役に立つマーケティング戦略(2)

爆買いしなくなった中国人観光客 ニーズを満たすには 高知工科大経済・マネジメント学群教授 永島正康さん

 しからば、適合という観点から、中国人観光客のニーズを満たすには、高知として、どのような形の観光振興が望ましいのだろうか。私は、爆買いツアーは首都圏に譲り、今から富裕層に絞った「南国土佐のオリジナル体験」ツアーを提案したい。地元が受け入れ可能な人数に限定し、高知の持つ自然と食と歴史の3つの優位性をフルに満喫できる体験ツアーを、ワンランク上のおもてなしを通じて、提供していくことができれば、中国人富裕層の満足を獲得し、高知の高付加価値ブランド構築に大きく貢献していくと思う。山、川、海にすぐに行ける恵まれた自然環境、県外観光客からも評価の高いカツオなどの魚介類や皿鉢料理、高知と維新の歴史的関わりは、欧米の旅行に慣れた中国人富裕層から高い評価を獲得できると信じている。

     ◇

【プロフィル】永島正康(ながしま・まさやす) 昭和34年、東京都生まれ。大手電機メーカーで、約30年間、国際マーケティングに従事。神戸大学大学院経営学研究科修士課程修了、ソルボンヌ大学大学院ビジネススクール博士課程修了、平成26年より高知工科大学マネジメント学部准教授に就任。現在は、同大学経済・マネジメント学群教授。Ph.D.(経営学)。専門は、経営戦略、マーケティング、サプライチェーン。

会員限定記事会員サービス詳細