役に立つマーケティング戦略(2)

爆買いしなくなった中国人観光客 ニーズを満たすには 高知工科大経済・マネジメント学群教授 永島正康さん

 このように爆買いを支える要因に大きな変化が起きており、爆買いブームがいつまで続くのか不透明な状況になっている。

 2つ目は、最近の動向を見ていると、爆買いしない中国人個人観光客の存在の多さに気づく。マクロ統計的には、日本への中国人観光客のうち、これまで爆買いの中心になってきた多数の団体客が、近年、個人客とほぼ同じ割合になってきている。個人客は、爆買いをせず、日本の自然と歴史文化に触れたいという動機で、中国で人気の口コミサイトなどを通じ、地方を訪問し始めている。この個人客の中心が、欧米を中心に海外を旅慣れた富裕層である。自分や家族の楽しみのために独自の体験を求め、例えば、高野山の修行体験などに参加したり、中国で人気を博している故・高倉健主演の北海道映画ロケ地巡りをしている。

 未来という観点から、こうした中国人観光客の動向を見ていると、今後、現行方式の中国人観光客による爆買いツアーが、高知においてどこまで観光振興に貢献するのか、不透明な部分が多いと思う。

会員限定記事会員サービス詳細