【CEATEC見聞録】触って操作か対話で操作か… シーテックで垣間見たIoT家電の未来図 日の丸家電の復権は期待できるか?(3/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

CEATEC見聞録

触って操作か対話で操作か… シーテックで垣間見たIoT家電の未来図 日の丸家電の復権は期待できるか?

 どういうロボットか。例えば、エアコンの温度変更のシーン。ユーザーは自然に会話するように、「暑いからちょっと温度を下げて」などと話しかける。その音声がネット回線を通じてクラウド(ネット上のサーバー)に転送され、AIが指示の意味を認識。ホームアシスタントはリモコンと同じ赤外線通信によってエアコン側にその指示を伝えて操作するのだ。

 準備としてあらかじめホームアシスタントに家電のリモコン情報をセットしておくだけでよく、シャープに限らず他社製品にも対応するのがミソ。同社は来年前半にも発売する計画という。

 IoTなどを活用した家電操作の分野は、グーグルなど米シリコンバレーのIT大手も手がける旬の市場だ。挑む形の日の丸メーカーに勝機はあるのか。熱い戦いになることは間違いない。