アニメ最前線

映画「君の名は。」が中高年にもウケている? なぜハマっているのか

長澤まさみがいい

 公開直後に妻と同作を見に行った影山教授。「この作品は一人でじっくり見たい」と考え、その後もう一度鑑賞した後、友人や知人に同作を薦めているという。

 「若い人にとっても、僕らの年代の人にとっても、人が人を思う気持ちは同じなんです。切なさ、やるせなさ、純愛、ピュアな気持ち…。それらが今どきのスマートフォン文化を取り入れつつ、見事に描かれている。もちろん、おじさんたちがいろいろ語りやすい『シン・ゴジラ』も面白かったと思いますが、僕はこの『君の名は。』を今の年齢になっても楽しめる自分がうれしいですね」

 影山教授は、同作の影の殊勲者として、瀧が憧れる美人女子大生、奥寺先輩を演じた長澤まさみの存在を指摘する。

 「多くの男性にとって、『憧れの年上の女性』がいたのではないでしょうか。長澤さんはこの理想の女性の声を、見事に演じています。気になる女性を演じる巧みさでいえば、長澤さんは小泉今日子さんに通じるものがあると思います」

 配給会社の東宝宣伝部によると、「今作はただの恋愛ストーリーに収まっていないこともあり、幅広い年代の方々にお楽しみいただけているのではないか」という。「アニメだから…」とたかをくくってはいけない。大人の鑑賞に十分堪えうる作品だといえそうだ。