阿蘇山噴火

爆発的噴火は36年ぶり 噴煙1万1000メートル、熊本〜兵庫で降灰予想 気象庁が注意呼びかけ

阿蘇山の爆発的噴火について記者会見する気象庁の斎藤誠火山課長=8日午前4時ごろ、東京都千代田区(大竹直樹撮影)
阿蘇山の爆発的噴火について記者会見する気象庁の斎藤誠火山課長=8日午前4時ごろ、東京都千代田区(大竹直樹撮影)

 阿蘇山(熊本県)の噴火を受け、気象庁は8日午前4時から記者会見を開き、高さ1万1千メートルの噴煙が気象衛星で観測されたと明らかにした。阿蘇山の中岳第1火口で爆発的噴火が発生したのは昭和55年1月以来36年ぶり。広範囲で降灰が予想されることから気象庁が警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、噴火が起きた8日午前1時46分ごろ、震度2の火山性微動を観測。爆発で起こる空気の揺れを測定する空振計は、火口から西1・2キロに設置されたもので189パスカルを観測した。昨年9月14日の噴火では32パスカルだったという。気象庁は噴火の規模について、現段階では中規模とみている。

 1キロを超える広い範囲に噴石が飛散した可能性があるほか、火口から北東8キロの阿蘇市一の宮町でも降灰を確認。気象庁は今後午前8時までに、熊本県阿蘇市、南小国町、高森町、南阿蘇村、産山村と大分県竹田市で、多量の降灰があると予想している。

 また、熊本県から兵庫県南あわじ市にかけての広い範囲で少量の灰が降ると予想。降灰予想が発表された対象市町村は過去最多の124自治体に及んだ。会見した気象庁の斎藤誠火山課長は「風下側では火山灰だけでなく、小さな噴石、火山ガスにも注意してほしい」と話した。

 多量の降灰が予想される地域では視界不良や灰によるスリップ事故などが起こる恐れがあり、気象庁は不要な外出や車の運転を控えるよう呼びかけている。

会員限定記事会員サービス詳細