岸田文雄外相、日朝の拉致協議否定

 岸田文雄外相は7日午前の記者会見で、日朝両政府の関係者が9月上旬に中国の大連市内で接触し、拉致問題について協議したとする一部報道について「そういった事実はない」と否定した。その上で、「引き続き対話と圧力、行動対行動の方針、ストックホルム合意に基づきながら、拉致被害者全員の帰国に向けて努力を続けていきたい」と強調した。

会員限定記事会員サービス詳細