カピバラのオス、「マーク」と命名 須磨海浜水族園

名付け親の児島碧斗君とカピバラの「マーク」=神戸市須磨区
名付け親の児島碧斗君とカピバラの「マーク」=神戸市須磨区

 神戸市立須磨海浜水族園(同市須磨区)で飼育されているカピバラのオス(2歳)の名前が「マーク」に決まった。

 「マーク」は東山動植物園の東山動物園(名古屋市)で平成25年に生まれ、27年に神戸にやってきた。これまで名前はなかったが、メスのローラ(2歳)が姫路セントラルパーク(姫路市)から来たことをきっかけに、8月以降、来園者から名前を募集。1300通を超える応募の中から、父親の「クゥ」と母親「マーヤ」の頭文字を取って「マーク」とした姫路市広畑区の小学2年、児島碧(あお)斗(と)君(8)の案が採用された。

 先月17日に同園で命名式があり、ケヅメリクガメがくす玉のヒモを引っ張って名前を披露。出席した児島君は「名付け親になれてうれしい」と喜んでいた。

会員限定記事会員サービス詳細