小池百合子都政

アドリブ満載小池流答弁 前向き姿勢「大人の対応」奏功…自民都議「感銘受けた」 2日間の論戦終えて

 自民の河野雄紀都議が「改革を本気で実行する姿勢に大変、感銘を受けました。都庁の大改革を妥協することなく徹底的に進めていただきたい」と持ち上げており、自民の歩み寄りがより鮮明になった。

 小池氏も表だった議会批判を封印する大人の対応を取った。知事選で小池氏を支援した「かがやけTokyo」の上田令子都議から都議会との関係を問われると、「根回し」「なれ合い」を排する姿勢を見せながら、「都民のために政策をぶつけ合う関係で都民ファーストの都政を実現したい」と訴えた。

 一般質問後、小池氏は2日間の論戦に関する総括を報道陣に問われ答えた。

 「テレビカメラがこれだけ並んだのは都議会で初めてのことなのではと思う。情報公開の第一歩だ」