八ツ場ダム、国の責任に注文 群馬県議会常任委、増額同意案を可決

 八ツ場ダムの事業費増額に対し大沢正明知事が県議会に提出した意見付き同意案について、県議会総務企画常任委員会は4日、賛成多数で可決した。それに先立ち、同委員会と産経土木常任委員会の連合審査会が開かれ、改めて県側から増額の要因の説明や議員の質疑が行われた。

 大沢知事は「一日も早く完成させること」「生活再建事業では地元の意向を尊重すること」などの意見を付けて国の増額方針に同意を示しており、議員からは「今後の増額に関しては『国が責任を持つように』と強く意見を言うことはできないか」などの指摘が出た。

 県土整備部特定ダム対策課は「これ以上の増額はないと認識している。少なくとも、このような意見があったことは国に伝えたい」としている。

 今回、国は事業費約720億円の増額を示し、総事業費は約5320億円。県の負担額は約33億8千万円増える見込み。