ミスコン

「ミス慶応」2016年大会は中止 ファイナリストの女子大生「涙が止まりません」…6人がHPで心境つづる 

 「ミス慶応コンテスト」を主催する学生団体「慶応義塾広告学研究会」は、今年の大会の中止を公式ホームページ(HP)で発表した。慶応大は4日、同研究会が未成年者の飲酒をあおるなどの不祥事を起こしたとして解散を命じており、「起こした不祥事への大学からの処分を受け、今年度活動を中止する事となりました」と説明している。

 今年の大会は11月20日に予定され、すでにファイナリスト6人が決まっていた。同研究会のHPにはファイナリスト全員のコメントも掲載されており、いずれも「残念です」と突然の中止に戸惑う心境をつづっている。

 同研究会はHPで「例年、本コンテストを企画・運営し、多くの反響を頂き活動しておりましたが、ご期待を裏切るこのような不祥事が発生しました事を団体として深く反省しております」などとコメントを掲載。「ご協力ご支援いただいた関係者の皆様、日頃から応援いただいたファンの皆様、そして現在活動しているファイナリストの6名に多大なるご迷惑をおかけしてしまい、お詫び申し上げます。誠に申し訳ございません」と結んでいる。

 さらに、HPには、ファイナリスト6人のコメントも。それぞれが、ミスコンを目標にがんばってきた思いや残念な心境を赤裸々に書き記している。

会員限定記事会員サービス詳細