鎌倉の社福法人が無許可で宿直、最低賃金の1/3で勤務させる

 社会福祉法人・ラファエル会(鎌倉市)が運営する同市内のグループホーム2施設で藤沢労働基準監督署の許可なしに宿直勤務をさせたうえ、県内最低賃金の約3分の1の賃金で勤務させていたことが分かった。同市議会で明らかになった。

 同会ではグループホームでの宿直勤務について労基署に届け出を出しておらず、1施設では午後9時45分から午前7時までの宿直勤務で時給324円しか支払っていなかった。県内最低賃金は時給905円(9月末時点)。同会は市から障害者福祉運営事業などを委託されているが、市は県や労基署に報告するとしたうえで、松尾崇市長は「厳正に対処する」としている。

会員限定記事会員サービス詳細