経済インサイド

これが中国流の「おもてなし」なのか? 杭州G20サミットでみた「その場しのぎ」とドタバタ劇…

 9月4〜5日に中国・杭州で20カ国・地域(G20)首脳会議が開催された。閉幕後、議長を務めた習近平国家主席は大成功だったと自画自賛したが、事実、中国が議長国となるのは初めてとあって、厳重な警備態勢をはじめ大国のメンツをかけて行われた。とはいえ、これが中国流おもてなしなのか、その場しのぎも散見された。

空港にG20専用レーン

 空の玄関口となった杭州蕭山国際空港。オバマ米大統領の乗る専用機「エアフォースワン」に赤絨緞を敷いたタラップが用意されず、そのうえ、米中の職員が怒鳴り合う騒ぎもあったが、空港内には「G20レーン」なるものが設けられ、記者も含め関係者は優先的に入・出国審査が受けられるようになっていた。

 ただ、当局は首脳会議の期間中、学校や企業を休みにして郊外への旅行を推奨。そのせいか、一般レーンはがらがらで、G20専用レーンの方に行列ができてしまい、一部の記者は一般向けに回るよう指示された。

 テロを警戒し、街中は至るところに警察車両や警備員の姿が目立った。歓迎式典が行われた会場の西湖周辺は道路自体が封鎖され、一般車両は乗り入れ禁止。タクシーで近寄ることもできなかった。

会員限定記事会員サービス詳細