韓国で未成年への特殊なコンドーム販売を禁止 その背景にある事情とは…

 韓国で特殊なコンドームを未成年が使用することが禁じられたという。その理由は「セックスのときに快感を感じてしまうから…」だとか。未成年がセックスで気持ちよくなってしまうのはまかりならぬということらしい。しかし、薄型や通常タイプのものには「禁止令」を出してはいない。「特殊なコンドームはご法度」というのは一体、どういう事情なのか?

女性家族部が「禁止令」

 このお触れを出したのは韓国の女性家族部。「部」は日本でいえば「省」にあたる。女性の地位向上など女性政策を企画・立案し、実行するほか、青少年の健全育成に関する施策を進めていく韓国の行政機関だ。その国家の行政機関が未成年に使用を禁じた特殊なコンドームというのは、ツブツブの突起がついたようなものだという。

 女性家族部は薄型と通常タイプ以外のこうしたコンドームを未成年に販売するのを禁止する法律を作ってしまった。この法律を作った理由として「未成年者がセックスをするたびに快感を求め、女性の体に刺激を与えてしまう」ということを挙げている。

 コンドームは「薄ければそれだけ装着感が少なくなり、快感が増す」ということが売りで、メーカーはどれだけ薄くできるかを競ってきたともいえる。薄型はよくて、突起のついたツブツブはダメというのは、こうした経過を踏まえると「禁止令」はやや的外れな感じがしないでもない。