スクリーン雑記帖・予告編つき

スピルバーグが新作「BFG」を作った意図とは? 想像力をかきたてる巨人の魅力

【スクリーン雑記帖・予告編つき】スピルバーグが新作「BFG」を作った意図とは? 想像力をかきたてる巨人の魅力
【スクリーン雑記帖・予告編つき】スピルバーグが新作「BFG」を作った意図とは? 想像力をかきたてる巨人の魅力
その他の写真を見る (1/6枚)

 ディズニー映画「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」が9月17日に公開された。同13日に生誕100年を迎えた英作家、ロアルド・ダール(1916〜90年)が1982年に発表した児童文学「オ・ヤサシ巨人BFG」をスティーブン・スピルバーグ監督が映画化した。

 ロンドンに暮らす孤独な少女と、子供たちに夢を届ける優しい身長約7メートルの巨人BFGの物語は、異星人と少年との交流を描いた「E.T.」(1982年)を手がけたスピルバーグ監督らしいファンタジーに満ちた題材といえる。スピルバーグ作品が夏休みシーズンの本命ではなく公開されるのはちょっと寂しいが、映画関係者によると、9月17〜19日の3連休を狙った編成という。

 映画では巨人を描いた作品が多い。「ロード・オブ・ザ・リング」3部作(2001〜03年)や「ホビット」3部作(12〜14年)、「ジャックと天空の巨人」(13年)のほか、日本ではお笑い芸人の松本人志の初監督作「大日本人」(07年)や「進撃の巨人」2部作(15年)もある。

 巨人が存在するという伝え話もある。1829年4月にスウェーデンの漁師、ヤンセン親子が暴風雨でたどり着いた地底王国で身長が4メートル以上もある巨人と遭遇したという。ネットで検索すると、世界各地で巨人だった古代人の骨が発掘されたとして発掘現場の写真が見ることができるが、はっきりいってどれもまゆつばなものばかりだ。