台風影響で野菜高騰 冷凍・加工品の活用で対策

スープカレーの味を決めるのに欠かせないというタマネギを手にする大竹雅人店長=東京都渋谷区
スープカレーの味を決めるのに欠かせないというタマネギを手にする大竹雅人店長=東京都渋谷区

 8月中旬以降に相次いだ台風の影響で、北海道や東北産を中心に野菜の価格が高騰したまま高止まりしている。タマネギやジャガイモ、ニンジンなどの価格は例年の1・5倍以上。冷凍野菜や加工品を活用して家計への影響を抑えたい。(中井なつみ)

多くの品目に影響

 夏〜秋にかけてはさまざまな種類の野菜の流通量が増え、価格も下がることが一般的。しかし、今年は台風10号など8月に相次いで上陸した台風の影響で値上がりが続いている。

 農林水産省が14日に発表した野菜5品目(タマネギ、レタス、トマト、キュウリ、キャベツ)の小売価格調査では、9月5〜7日の全国平均価格が、レタスは前週の約3割高、キュウリが同1割高など高値で推移している。レタスは2週連続、キュウリは4週連続で上昇した。台風の影響により東北地方で収穫が遅れるなどして出荷量が減ったため。タマネギは、8月中旬に価格がピークになってから高止まりし、平年より約4〜5割高い状況が続く。

会員限定記事会員サービス詳細