関西の議論

絶景!海の見える舟屋の「お試し住宅」月2万5千円…人口減に悩む自治体、工夫懲らすも移住者は?

【関西の議論】絶景!海の見える舟屋の「お試し住宅」月2万5千円…人口減に悩む自治体、工夫懲らすも移住者は?
【関西の議論】絶景!海の見える舟屋の「お試し住宅」月2万5千円…人口減に悩む自治体、工夫懲らすも移住者は?
その他の写真を見る (1/3枚)

 空き家を自治体が借りてリフォームし、移住を考えている人に貸し出す「お試し住宅」。この制度を活用してIターンやUターンの移住者に来てもらおうと取り組む自治体が増えている。専門の「移住支援員」を置く自治体もあり、移住者獲得に懸命で、過疎化・空き家対策としても注目される。

「舟屋」をリフォーム

 漁に使う舟を1階に収められる「舟屋」が並ぶ京都府伊根町の伝統的建造物群保存地区の一画。ここに1軒の「お試し住宅」がある。町が空き家となった「舟屋」を町外に住む住民から借り、移住を考えている人に期間限定で貸し出している。

 町の職員に案内してもらって中に入った。玄関を入るとすぐに8畳の和室があり、そこは元のままだが、奥のダイニングキッチンは新築の家のよう。同じ8畳の和室を改装したという。

 風呂場とトイレもリフォーム。築何年かは記録がないというが、快適に暮らしてもらえるようにした。

 2階は3室あり、そのうち1部屋からは海が眺められ、向こう岸の舟屋も見える。「わたしが住みたいくらいですよ」と職員が言うのもうなずける。

町の希望と入居者の現実

 伊根町の「お試し住宅」の制度は今年度から始まった。年度を5〜7月、9〜11月、1〜3月の3期に区切り、3カ月を上限として入居を募集。賃貸借料は1カ月で2万5千円とした。

会員限定記事会員サービス詳細